秘密基地雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS YAMAHA V50再生手術(FDDベルト交換とリチウムコイン電池のソケット化)

<<   作成日時 : 2011/01/17 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにFM音源シンセのV50を引っ張り出してみたら、お約束のFDDベルト切れ、マザボ電池切れだった。
一番音色も保存してあったのだが、PC-8801のSPLIT(MUCOM)からコンバートした音色も飛んでいた。
ほかにもFM音源シンセのバックアップ電池をソケット化しなければならないが、まずV50を元に戻さなければ!
画像

とりあえず秋葉原のパーツショップのネット通販で8cmの平ゴムベルトとCR2032用ソケットを注文。
V50の本体を裏返し、裏板を外す。
画像

3箇所のねじを外して、マザーボード(メインボード)を外す。
そうするとこんな感じ。
画像

FDDを取り外すために、FDDのブロックを外す。
まず、枠押さえを外し、鍵盤も外す。鍵盤を外さないと一箇所外せないネジがあるのだ。
画像
画像



FDDブロックを外し、やっとFDDユニットを外せる。溶けて切れて張り付いているベルトを外して、新しいベルトを装着。ベルト式のFDDなんか使わないでほしいものだ。
画像

画像


FDDユニット、FDDブロックを元に戻し、鍵盤も固定。
後はマザーボードのコイン型電池を外して、コイン電池用ソケットをつける。
まずマザーボードを裏返したところに直付けされている電池を外す。
画像

画像


電池を取り替える際にいちいちマザーボードを外して裏返すのは面倒なので、裏側につけることにする。
しかし、隙間が少ないので、導線で引っ張ってFDDユニット裏にソケットを貼りつけることにした。
画像

画像

画像


裏板を取り付けて、動作チェック。
電池交換のメッセージは出ない。ROMからDEMOをロードして初期化。
電源を切ってコンセントを抜いて再起動。よしよし、データは保持されている。
DISKから音色データをLOADしてみる。ちゃんとFDDも問題なく動き、音色がLOADできた。
画像


これでV50は再生できた。

あと、V2は乾電池ソケットに変えてあるんだが、液漏れしていたのでこれを機会にコイン電池用ソケットに替えることにした。ついでにTX81Zもソケット化しよう。
DX100はまだメモリが保持されていたが、もうすぐ切れるだろうから、音色をV50とかに移した後でソケット化しなきゃな。
一緒にチェックしたKORGのM3Rはちゃんとソケットでかんたんに電池交換できたのに・・・。
ベルト式のFDDといい、電池直付けといい、YAMAHAさん細かいところケチらんでくれよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
YAMAHA V50再生手術(FDDベルト交換とリチウムコイン電池のソケット化) 秘密基地雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる