秘密基地雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 実写ヤマト VFXによって照れ隠しをした新春かくし芸大会の東軍ドラマ

<<   作成日時 : 2010/12/16 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

主演の木村拓哉は芸能人やアイドルというよりも「スターさん」という昭和の言い方のほうが似つかわしいほどに、何を演っても木村拓哉その人でしかないわけなのだが、それはSMAPの他のメンバーにもある程度いえるわけで、それゆえに例えばSMAP×SMAPに於けるキャラクターアクションなどはまさにかつての新春スターかくし芸大会の「劇」と同じにおいがする。
それはかくし芸での中国語劇や英語劇という照れ隠しと同様に、パロディコントともいえるスターさんのお笑いアクションがドラマ性としての逃げ道というより照れ隠しとして働き、ミニドラマではない劇を成立させているように見える。
キムタク・ヤマトにはVFXを照れ隠しに、楽しませる映画として成立しているように思う。野暮は言うなってことで。
しかし、版権問題とはいえ、宮川メロディも聞かせ、ナレーションでささきいさおの声も聞かせてあの主題歌が無いというのは、なんともスッキリしないものが残った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実写ヤマト VFXによって照れ隠しをした新春かくし芸大会の東軍ドラマ 秘密基地雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる